ブログなんてものを始めました

ブログなんてものを始めました、今頃ですが・・・・
今自分は何屋さんなのだろう?
たぶん尺八屋さんなんだろうな・・・・
尺八を作って吹いて、それのための曲を作って、グループ(遠TONE音)も作って、そのレコーディングもやって、CD製作もやって、そのためのスタジオも作って(たいしたものでは無いですけれど)尺八を作るための工房を作って、尺八の研究をして、今年はついに夢だった金属製の尺八
が完成します。この金属製の尺八を作る過程で出会った本当に素晴らしい仲間と一緒に新しい会社まで立ち上げました。
やっぱり「尺八屋さん」ですよね。

小さな時から音楽が好きで初めておねだりしたのがレコードプレーヤー、それ以後、音に興味を持って、オーディオの手作りが始まり、その中で木工技術や塗装技術、アンプの金属加工の技術、下手するとスピーカーそのものまでいじくるようになり、実はそれが尺八を作る知識と技術につながって居ます。どこをどうすると音がどう変わるか?意外なまでに尺八製作はオーディオ技術なんです。
竹の中を削り、漆を塗って成形して行来ますが、通常の工房では内部を測定の道具で計りながら作りますが、僕は音を聞きながら、そしてピッチを測定しながら、ベストだと思う様に削って行きます。
実はこの方が正確に作れますす、偶然もっと良いノが出来る可能性を含んでいます。
こうした経験からもうこれ以上改造の余地が無い…と言う内部構造が出来たので、後はそれを精密な旋盤加工で作ってみたいと思い、実は数年前から新たな苦労が始まりました。
内径が細いのでバイトのたわみなどのことがあり、どうしても尺八全体は削れないという、どうしようも無い問題があり、色々アイディアを出しては却下の繰り返しでしたが、町工場の老齢の熟練工の努力のおかげでどうにか実現しました。(流石日本の匠!!)
今日は実はそのメタル尺八のホームページ用の撮影の日なのですが、残念ながら行けません。
こんなビルが見える慶応義塾大学病院の一室から、撮影は仲間に任せて、楽しみに報告を待っています。
僕は大丈夫明日退院です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *